聞こえについて

シニア向け集音器を上手に選んで使いこなすコツは?

シニア向け集音器を上手に選んで使いこなすコツは?

 集音器は誰もが手軽に購入できる便利な聞こえのツールですが、補聴器との違いやその機能についてよく理解したうえで使用することが大切です。ここでは、シニア向けの便利で安全な集音器を選ぶポイントについてご紹介します。


シニア向け集音器の選び方


<補聴器との違いは?>

 集音器と補聴器は混同されがちで、同じものだと解釈している方が多いですが、補聴器は難聴と診断された方が使うもので、購入の際は医師による診断書が必要になる場合がほとんどです。補聴器は薬機法によって正式に医療機器に分類されており、厚生労働省が定めた安全性が義務づけられています。そのため、購入する際も「対面販売」と決められており、専門家によるコンサルティングやフィッティングも必須、個人の聴力に応じた調整も可能です。

 一方、集音器は医療機器に分類されておらず、あくまでも音を大きくして届ける、一般向けのツールです。集音器は既製品扱いとなっているため、フィッティングやコンサルティングの必要もなく、インターネットや家電量販店で気軽に購入できます。

 内部の構造や性能が異なるため、価格帯も、補聴器が数十万円するのに対し、集音器は数千円〜数万円で購入することができます。


<シニアにおすすめの使い方>

 高齢になるとテレビの音が聞こえづらくなり、音量をどんどん上げてしまう場合があります。同居する家族には、その音が騒音になってしまうこともありますが、集音器を使うことで音量を上げなくても聞こえやすくなり、テレビを快適に楽しむことができます。

 また、家族と会話する時も聞き返しが減るなど、スムーズな意思疎通ができるようになります。集音器を使うことでコミュニケーションに煩わしさを感じることがなくなるため、積極的に会話を楽しむことができ、さらには脳に刺激を与え認知症を回避する手だてにもなります。

 集音器は、テレビや会話が聞こえづらいと思ったら耳に装着し、必要な場面以外では取り外すことができるので、必要に応じて気軽にアクセスすることができる、便利な聞こえのツールです。


シニア向け集音器を選ぶ際のポイント

 シニア向けの集音器を選ぶなら、手軽さ、操作性、電池の種類、見た目にポイントをおいて選んでみましょう。


<手軽さ>

 集音器は状況に応じてつけたり外したりするものですので、気軽に装着できるタイプがおすすめです。特に、ワイヤレスタイプのものであれば、わざわざコードを取り出すといった手間も省けます。また、耳栓をするように耳に入れて使用する「耳あなタイプ」のものであれば、コンパクトなので持ち歩きにも便利で、サッと耳に入れて使用することができます。


<操作性>

 シニア向けの集音器を選ぶなら、操作が簡単に行えるかどうかも重要なポイントです。小型ラジオのようなポケットタイプのものであれば、直接操作がしやすいというメリットがありますが、外出先で使用する際はコードが邪魔で動きにくいといった声も見られます。最近では、スマホに集音器の連携アプリをダウンロードすることで、音の大小や周波数などを操作しやすく開発されているものもあり、画面も大きいため高齢者も分かりやすく使うことができます。


<電池の種類>

 集音器には電池式・充電式の2タイプがあります。電池式に関しては、一般的に集音器の電池は小さいものが多いため、電池の交換作業は、手先の細かい作業が必要になるため高齢者にとって不便かもしれません。一方、充電式の場合就寝中に充電器にセットしておくだけで翌朝充電が完了し、手間なく使うことができます。時には充電を忘れてしまうこともありますので、短時間で充電が終了するタイプのものを選ぶと良いでしょう。


<見た目>

 最近は集音器の見た目にもこだわる方が多いです。集音器にはさまざまな種類があり、ワイヤレスイヤホンのような「耳あな」タイプ、首にヘッドホン状のものをかけて使う「首掛け」タイプ、小型の本体を耳にあてて使う「耳あて」タイプなどがあります。デザインはよりスマートに、色合いも美しくこだわったものが出ていますが、特に周囲から集音器と分からないものが希望であれば、「耳あな」タイプがおすすめです。


集音器を使う際の注意点とは? 

 集音器には、補聴器ほど高性能な機能が搭載されていないと言われていますが、最近では使う人のことを考えた、便利で安全な機能を備えた集音器が発売されています。以下のことに留意して、より使い心地のいい集音器を選んでみましょう。


<出力制限機能の有無>

 出力制限機能とは、衝撃音などの大音量に備え、個人の聴力に応じた音量増幅の程度をあらかじめ設定しておくことができる機能です。

 全ての補聴器にはこの機能が備わっており、難聴の人が突然の大音量にさらされることで、より耳にダメージを受けることがないよう未然に防止してくれています。一部の集音器にも、この機能を搭載したものもあるので、出力制限機能が必要な場合はこの機能の有無を調べた上で集音器を選ぶようにしましょう。


<騒音抑制機能の有無>

 騒音抑制機能とは、雑音の中でも人の会話が聞こえやすいよう、その他の雑音を抑える機能です。耳が聞こえづらい人にとって雑音の中での会話は聞き取りにストレスを感じやすいため、補聴器にはこの機能がついています。

 一方、集音器でも騒音抑制機能がついているものもあり、音量を変える機能や雑音を抑える機能、雑音下での会話を聞こえやすくしてくれる機能などがついているものも開発されています。


<ハウリング抑制機能の有無>

 ハウリングとは一般的に、マイクとスピーカーを使う際、マイクで話した音が一旦スピーカーから流れ、それが再びマイクに入ってしまうために起こる現象です。補聴器でもこのような現象が起き、「ピーピー」といった不快な音が耳に入って来てしまいます。そのため、ハウリング抑制機能がついている補聴器も発売されていますが、集音器でも一部ハウリング抑制機能を搭載したものが発売されています。


<騒音が大きな環境で使用するとき>

 集音器は音を集めてそのまま大きくする機能を備えているため、大きな音もそのまま大きくしてしまいます。そのため、工事現場、電車の高架下、交通量の多い道路など、騒音が大きな環境で集音器を使用するのであれば、自分で音量を調整できる集音器がおすすめです。


まとめ

 集音器は単に音を大きくするだけではなく、使用シーンに合わせて設定を変えることができる製品や、大きな音やハウリングなどからユーザーのの耳を守ってくれるための機能を備えている製品もあります。

 集音器はシニア世代の暮らしを支えてくれる便利なツールです。贈り物として選ぶ際はこれらのポイントをチェックするとよいでしょう。